TOP / SERVICE / 事業承継及びM&A

事業承継及びM&A

M&A

後継者がいない中小企業の経営者に対して、事業を引き継いでくれる第三者を紹介し、マッチングを行います。

M&Aの仕組み
事業承継には3つの形があります。その中でも社内外の身内への事業承継が難しい場合、事業だけでなく会社をそのまま第三者に引き継ぐことをM&Aと言います。

1. 親族関係への承継

2. 社員への継承

社員や身内では誰も事業を引き継ぐ人はがいない

3. 第三者への継承

親族の枠を超えた第三者への継承は、自分や自身の子供に変わって、会社を継いで、そのまま仕事を継続して行える事がM&Aの特性です。親族や社員に必ずしも経営手腕があるとは限りません。現在の取引先や社員との信頼関係を壊さないためにもM&Aという事業継承の形があると言えます。

  • A 会社名や場所を変える必要はない
  • B 従業員はそのまま
  • C 「個人連帯保証」と「株式の相続」が一気に解決
  • D 新しい風を入れることによって、事業拡大にも繋がる

ベストな相手を見つけ交渉し、契約を結ぶまでをサポートします!

二代目への事業承継支援

二代目に事業承継を考えている中小企業に対して、継承までのベストな方法や役割をご提案します。

事業承継支援の仕組み
現在の社長から二代目へのバトンタッチは直ぐに出来る事ではありません。企業の規模や従業員との関係構築、事業内容の理解を一定の年数を掛け、確実な引継ぎになるように一緒に活動していきます。