TOP / BLOG / 【出前館】について

【出前館】について

2021.04.21


出前館の提供するサービスや
価格についてご紹介致します。
出前館の配達代行資料に
記載された情報によりますと、
出前館は2020年12月時点で、
加盟店数が全国で50,000店以上あり、
過去1年間に出前館を通して
注文をしたお客様の数は471万人居るそうです。

飲食店が出前館のサービスを利用する際の
初期費用は、通常2万円です。
しかし、現在は飲食店の多くが
コロナの影響を受けており、
「飲食店を応援したい!」という想いから、
初期費用0円になっています。
初期費用無料キャンペーンの終了時期は未定です。
導入される際には、
出前館に直接問い合わせて確認お願いします。

フードデリバリーサービス利用時には、
お客様が商品を持ち帰ることができるように
包装資材を用意する必要があります。
これまでテイクアウトやデリバリーを
行っていなかった飲食店の方は
フードデリバリーサービス会社と契約する前に、
包装資材を決める必要があります。
出前館では、これから包装資材選びをする
飲食店の方に向けて、
【仕入館】と呼ばれるものを運営しており、
仕入館にて包装資材を仕入れることができます。

出前館でのデリバリーサービス利用時における
手数料の内訳は、
配達代行手数料として売上の25%
出前館に飲食店の情報(メニューや写真)を
掲載するサービス手数料が売上の10%であり、
お客様が現金でお支払いをされた場合は、
25%+10%=35%が手数料として差し引かれます。

オンライン決済の場合は、
更に2.8~3.0%の手数料が
売上金額から差し引かれます。

売上金の入金は、月末締めの翌月末払いで
入金額が3万円以上の場合は、440円
3万円未満の場合は220円の
振込手数料を飲食店が負担することになります。

注文を受け付ける通信機器として、
タブレットが必要です。
機種の指定は特に定められておらず、
ios10.3以上であれば対応できるようです。

出前館での注文を受け付ける
専用のタブレットが必要であり、
他のフードデリバリーサービスや
POSレジ等との併用はできません。

タブレットをお持ちではない場合は、
レンタルをすることができます。
Wi-Fiのある環境であれば、800円/月
Wi-Fiのない環境であれば、2,000円/月
出前館自体には解約金等はありませんが、
タブレットのレンタルに関しましては
1年契約となっており、
1年以内に解約する場合は
1万円請求されるようです。

出前館では、サービス開始前までの期間は、
専属の営業スタッフの方が
疑問質問に答えてくださり、
サービス開始後にはカスタマーセンターの方が
お客様とのスムーズなやり取りを
行うことができるようサポートしてくれるそうです。

出前館と飲食店が契約を交わすと、
店舗専用ページをもらうことができます。
飲食店は、自分の店舗ページにアクセスをして
メニュー内容や、
自店舗で撮影した写真の追加、
店舗情報等を編集します。

以上が、飲食店が出前館に登録し、
デリバリーサービスを行う際の内容です。
最後までご覧いただきありがとうございました。