TOP / BLOG / 【menu】について   

【menu】について   

2021.03.31

menuの提供するサービスや
価格についてご紹介致します。
menuは、お客様の喜ぶサービスを
提供することに力を入れています。

例えば、“今ならドリンク1本買えば、
もう1本無料で付いてくる”等のキャンペーンです。
この場合、お客様は1本分の料金を支払い
2本貰うことができます。
飲食店は2本分の売上があり、
1本はお客様から、
1本はmenuから入金があります。
このようなキャンペーンが
定期的に行われているという特徴があります。

フードデリバリーサービスでは、
お客様からの注文を受けるために
通信機器が必要です。
menuで使用する通信機器は
機種の指定がありません。
Appleであればios10.0以上、
Androidであれば5.0以上の
スマートフォンやタブレットで、
専用のアプリを無料ダウンロードすることで
使用することができます。
Amazonで販売されている
Fireタブレットは
アプリがダウンロードできないため
この機種に関しては、
使用できないことになっているようです。

タブレットが手元にない場合には、
レンタルをすることができます。
Wi-Fiのない環境であれば、
1台につき18,000円+税
加えて通信費として、
月間売上に対する3%
(上限1,000円)かかります。
Wi-Fiのある環境であれば、
1台につき14,000円+税です。

また、最近の飲食店では、
POSレジを導入されている店舗が増えています。
menuのアプリは
開きっぱなしにしておく必要がないため、
POSレジで使用しているタブレットと
併用して使用することができます。
お客様から注文が入ると、
通知音が鳴るのですが
アプリを閉じていたり、
業務に集中していたりで
通知に気付けないことがあります。
飲食店側が注文に気付いてない際には、
サポートセンターから
飲食店に電話で知らせが入るシステムになっており、
注文を逃す心配はありません!

menuの初期費用は5万円です。
2021年3月31日までに申し込みを行うことで
今なら初期費用無料の
キャンペーンが実施されています。

menuにはテイクアウトとデリバリー
二つのサービスがあります。
テイクアウトは、menuのアプリを通じて、
お客様が商品を注文、精算を行います。
予約時間になると、お客様が直接お店に
商品を取りに来られるシステムです。
待ち時間や会計がないため、
スムーズな受け渡しを行うことができます。
テイクアウトによる手数料は、13%なのですが、
2022年3月までは0%、
つまり手数料無料のサービスが行われています。

デリバリーは、お客様が注文した商品を
飲食店がつくり、
menuの配達員がお客様のもとへ配達するサービスです。
デリバリーの場合の手数料は、
売上に対して35%です。

売上は末締めの翌月25日に振り込まれます。
しかし、振込金額(売上から手数料等を引いた額)が
5,000円に満たない場合は
5,000円を超えるまで
最長6ヶ月間振込保留になります。
6か月経過しても5,000円を超えない場合は
振込が行われます。

menu利用開始時には、
アプリを通して店舗ごとにマイページを作成し
店舗情報やメニューの詳細等を、
自由に編集することができます。
メニュー表に載せる写真は自店舗で撮影を行います。

以上がmenuに登録する際の内容です。
それぞれのフードデリバリーサービスの特徴を知って頂き、
どのサービスを利用するかの判断材料にして頂けると幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

[contact-form-7 404 "Not Found"]