TOP / BLOG / 飲食店の廃業率が高い理由 ②

飲食店の廃業率が高い理由 ②

2020.12.22

飲食店の廃業率が高い理由として
二つ目にご紹介致しますのが
飲食店は「競合店が多い」ということです。

飲食業は、廃業率と開業率の
どちらも共に高い業種です。
つまり、日々どこかで飲食店が廃業し、
新しい飲食店が開業しているということです。

飲食店の入れ替わりが激しいことによって、
お客様の行動も変わってきます。

新規参入の飲食店が開業すれば、
興味本位で多くのお客様が足を運びます。
行列ができれば、
お客様がお客様を呼ぶ形で、
新規参入の店にお客様が吸い込まれていきます。

更にその新規参入店舗が、
自分の飲食店と似た商品を提供しており、
客足が戻ってくる様子がない場合は、
すぐに戦略を練り直す必要があります。

気長に待っていても、
お客様を引き戻すことはできません。

そのため、提供する料理やサービス、
価格の見直しが必要です。

「変わらぬ味」を提供することで、
一定の利益を得ることができているのであれば
リピート利用のお客様のためにも、
現状維持で良いのかもしれません。

しかし、経営者自身に焦る気持ちや、
経営が傾きかけているという事実がある場合は、
早急に課題を見つけ、
改善策を見出す必要があります。

これまでご来店頂いていたお客様に、
自分の店を思い出してもらい、
「久しぶりに行こう」と思って頂くために、
手紙の郵送や
メールマガジンの配信をするのも
一つの策です。

新規のお客様獲得に向けて、
新しいメニューを開発し、
店先の看板に掲示することで、
「食べてみたい」
「行ってみたい」
と思って頂いたお客様にご来店頂くのも一つです。

最近ではSNSでの情報共有、
宣伝効果が高まってきています。

SNSに、自慢の料理等を投稿することで、
広告費を掛けずに宣伝をすることができます。

SNSで人気の出るような盛り付け、
写真を撮りたくなるような料理や店内をつくることも
一つの策としてあげられます。

飲食店経営は、
季節や時間、競合店の動き、
お客様の行動などに影響を受けます。

リピート利用して下さるお客様が居ても、
週に〇回必ず来店する等決まっていないため、
ある一定の売上を継続させることは難しいです。

また、客層や料理、サービスの質等によって
形態が様々であるため、一概には言えませんが、
開業当初からずっと変わらないメニュー、
価格、店内設備、サービスを提供していては
新規顧客を獲得することが難しいという飲食店もあります。

お客様の目線に立ち、
お客様の求めているものを探り、
新規顧客の獲得と、
リピート利用して下さる
お客様の確保をすることで売上を伸ばし、
安定した経営を行うことができるようになります。

弊社では、
経営に関するご相談、
資金繰り、
資金調達のサポートを行っております。

下記フォームより
お問い合わせお待ちしております。