TOP / BLOG / 飲食店経営者とお客様の想いのギャップ

飲食店経営者とお客様の想いのギャップ

2020.12.15

飲食店をリピート利用する際の決め手として、
お客様に最も注目されているのが
「料理のおいしさ」です。
次に価格、そして接客サービスが
重要視されています。

それでは、飲食店経営者は
リピート利用の決め手を何と感じているのか
お客様と飲食店経営者の想いは同じであるのかを
知ることのできる調査データをご覧ください。

お客様への質問
“初めて訪れる個人飲食店をリピートしない理由は?”

飲食店経営者への質問
“新規客がリピートしてくれない理由は?”


引用:花王プロフェッショナルサービス

ご贔屓リサーチによる
「初めて利用した飲食店をリピート訪問しない理由」

お客様も経営者も、
理由として最も多かったものは、
「味」と「価格」であり、
リピート利用率を上げるためには、
欠かすことのできない条件であることが分かります。

お客様と経営者の想いのギャップが
最も大きかったのが「お店の清潔さや清掃状況」です。
食事をする机、椅子、メニュー表、窓、トイレなど
お客様が見るもの、触れるものは清潔であるべきです。

新規客がリピートしてくれない理由はと聞かれ、
22%もの経営者は「特になし」と回答しています。
調査結果から、
飲食店を訪れるお客様と、
飲食店を経営する経営者とでは
店に対する想いが異なっており、
大きなギャップが生じていることが分かりました。

もう二度と来店しないのか、
リピーターになるのかを決めるのはお客様です。
そして、その決め手を作るのは店側であり、
つまり経営者の方々です。

お客様は‟満足できれば”、
‟幸せな気持ちを味わうことができれば”、
リピート利用してくれます。

まずは、お客様目線に立って考え、
お客様の気持ちを知ろうとすることが大切です。

弊社は、飲食店経営者の皆様を応援致しております。
提供している料理の味や、
価格、接客、サービス、清掃などを見直し
ご来店頂いたお客様に
満足していただけるような店づくりをするための
戦略を一緒に考えます。

お問い合わせは、下記フォームより
よろしくお願い致します。