TOP / BLOG / ノンネームシートとは

ノンネームシートとは

2020.10.08

 

M&Aに関心をお持ちの方は、

様々な記事を読み情報収集をされていると思います。

 

M&Aについて調べていく中でよく出てくる用語である

「ノンネームシート」についてご紹介いたします。

ノンネームシートとは、

つまり、名前のないシート、匿名のシートのことです。

 

譲渡するものを紹介するために作成する

一番最初の用紙です。

最初の段階では、譲渡側のことが特定されないように

会社名などを伏せた状態で記入します。

 

A4の用紙1枚に

「業種」「主な業務内容」「売上高」

「譲渡理由」「希望額」「所在地」など、

簡単に要約した企業の情報を記載します。

 

なぜ詳しい情報を記載していないのかと言うと、

情報を得ることができる買い手側は、

まだ検討を始めたばかりの段階だからです。

 

あまりにも詳しい情報を書きすぎれば、

売り手側の内部情報や秘密を外部に漏らしていることになります。

 

そのため、ノンネームシートには、

売り手側の情報全てではなく、

要約したものを記載しているのです。

 

反対に、情報漏洩をあまりにも恐れすぎて、

掲載する情報が少なすぎれば

買い手側に上手く魅力を伝えることができず

次の段階に進むことが難しくなってしまいます。

 

会社、事業、お店には

思い出や愛情がたくさん詰まっていると思います。

 

M&Aで信頼できる譲渡先を見つけ、

安全なやり取りを行いましょう。

 

弊社では、情報の取り扱いに細心の注意を払い、

ノンネームシートの作成、

買い手側の方とのマッチングに漕ぎつけられるよう、

ご協力いたします!!

 

M&Aに関心のある方、ご相談等お待ちしております。