TOP / BLOG / 事業譲渡について

事業譲渡について

2020.09.23

M&Aの目的として
後継者不足を解消したい!
事業の規模をさらに大きくしたい!などが
よく挙げられます。

この他にも、M&Aで自分の会社や店を売ることを
ご検討されている社長さんは
様々な目的や想いをお持ちだと思います。

売る側になる方も買う側をご検討中の方も
M&A
を始める前に
まずは目的を明確にしましょう。

“何のためにM&Aをするのか
これを考えることによって
M&Aで失敗するリスクを減らし
大成功へと近付くことができます!

M&Aは、会社やお店に関するものを商品とし、
売り手と買い手の条件がマッチすることで成立します。

一番大きな条件として
会社の事業の一部分を売るのか、
それとも
会社の建物も事業も従業員等を丸ごと全部
売るのかというものがあります。

ここでは、条件一つ目の
会社の事業の一部分を売ること
についてご紹介します。

会社の事業の一部分と言うのは
会社とは別に持っている工場や店舗など
その一部分のことです。

この事業の一部分のやり取りのことを
事業譲渡と言います。

売り手としては一部分を売ることによって
お金が入ります。

そのお金を使って
既存の事業にさらにお金を掛け、発展させていく
という目的をもってされる方も居ます。

買い手の目的としては
新規事業として考えていた事業と
同じ業種の一部分を買うことで
新規事業の立ち上げを
よりスムーズに行うこと等があります。

事業譲渡は、
売り手が自分の持っている物の中で
売るものを選択することができる方法です。

「事業譲渡」は売り手側のことを言い
買い手側からすると「事業譲受」と言います。

事業譲受に関しては
買い手側も選択することができ
欲しいものを選んで買うことができるのです。

売りたい気持ちと買いたい気持ちはあるけれど
売りたいものと買いたいものがぴったり合うのは難しいです。

売り手と買い手の条件をお聞きし、
それぞれの条件に合うお相手探しを行い
マッチングすることができるよう
弊社ではM&A、事業譲渡・事業譲受を行っています。

大切な事業の一部分を渡して、譲り受ける
これがM&Aのゴールです。

売り手も買い手も目的を持っています。
目的を達成し、M&Aを大成功させましょう。