TOP / BLOG / M&Aで譲り渡すことのメリット

M&Aで譲り渡すことのメリット

2020.09.15

M&Aで会社や店を手放す、
売るということは大きな決断です。

会社の今後について悩まれている
経営者の方々にぜひ知って頂きたい!!
会社を人に譲り渡す5つのメリットをご紹介いたします。

1・後継者が居なくても事業継承ができる

2・従業員の雇用の確保ができる

3・事業継続と事業の拡大、更なる発展が期待できる

4・廃業コストがかからない

5・売ったお金が入ってくる
5つのメリットについて一つずつ説明致します。

1、後継者がいなくても事業継承ができる
「自分の跡を継いでくれる家族や従業員が居ない」
経営しながら不安に感じておられる社長さんもいらっしゃいます。

後継者が居ないから廃業を選択するのではなく
第三者で探すことができるという安心感があります。
「この人に任せたい!!」そう思えるような
信頼できる人を探しましょう。

2、従業員の雇用の確保ができる
廃業するとなると
これまで懸命に働いてくれていた従業員の将来が心配です。
廃業ではなくM&Aをすることによって
従業員の雇用の継続や、雇用先の確保をすることができます。
社長さんも、従業員の方々も安心です。

3、事業継続と事業の拡大、更なる発展が期待できる
自分のチカラだけでは思い描いていたところまで
発展させることが難しかった部分に関して、
買い手の協力や、互いの技術を合わせることで
更なる成長や成果を期待することができます。

譲り渡した後であっても
愛情をこめて育ててきた会社です。
発展する様子を見ることができるのは嬉しいです。

4、廃業コストがかからない
会社を廃業する際には、お金がかかります。
設備の処分費、解雇しなければならない従業員への支払い
金融機関への借入金の返済など多くあります。

何よりも、廃業してしまうと
これまで育ててきた会社や、
店の全てを失うことになります。
しかし良い条件でM&Aを成立させることができれば
廃業コストがかからず、大切なモノを存続させることができます。

5、売ったお金が入ってくる
M&Aを無事に成立させることができれば
その後お金を得ることができます。

使い道は様々あると思いますが
経営から離れ一休みするために使われたり
優雅な老後の生活費に蓄えられたり
新しい事業に挑戦されるために
使われる方もいらっしゃるようです。

後継者が居ないからと廃業を検討されている社長さん
M&Aには良い点がたくさんあります。
検討されてみてはどうでしょうか。